文筆家の五所純子さんが毎回さまざまな物に直筆で書いたエッセイをお届けする「No More Cinema ?」。今回、足袋型の台紙の上で展開されるのは、年齢を重ねていく上で生じる時制の混乱や折り合いのつかなさについて。"永遠の歳上的存在”であるプロ野球選手にはじまり、アイドルグループを経て語られるのは、あの"コンプトンの無法者たち”のこと――





※以下の画像はクリックすると画像のみを表示できます





この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。