アーティストの毛利悠子さんの連載「毛利悠子のプラスチックフォレスト ロンドン編」の4回目です。ロンドンから日本へ一時帰国した後、初個展開催のため1年半ぶりにニューヨークに滞在した毛利さん。オープニングの前日、アメリカ大統領選でドナルド・トランプ大統領が誕生する事態に静まり返るギャラリー。そんななか毛利さんは新たな作品を追加して無事個展をオープンさせたようです。





文・写真=毛利悠子


 チェルシーにあるJane Lomberd Galleryでの個展の準備のために1年半ぶりにニューヨークを訪れました。昨年は6か月にわたるレジデンス滞在、住むにはいろいろと大変そうな街だけど(詳しくは昨年の連載「プラスチックフォレスト ニューヨーク編」をご覧ください……辛そうな日々が綴ってあります・苦笑)、美術家としては1年に1度は訪問して、そこで起こっているアート・シーンを体験するべきだと思っていたので、今回仕事で再訪できるということは自分のなかでも相当大きな出来事だった。
 ギャラリー・オーナーのジェーンさんとの出会いは、ガヴァナーズ・アイランドで行なわれたLMCCのオープン・スタジオだった。ジェーンさんとシニア・ディレクターのリサさんは、私の作品を見るなり「何かできたらいいよね」と声をかけてくれて、それが今回の個展の機会へと発展していったのだ。
 ニューヨークでの初個展となれば、まさに作家としての腕試しの場所といえるだろう。気合いは充分でなければならない。とはいえ現実は、ロンドンでのアーティスト・イン・レジデンス中にニューヨーク個展の準備を強いられるという、慣れない土地での制作となり、かなり気を揉むものだった。1週間だけあった日本への一時帰国の際は、その埋め合わせをするべく、発注した素材のチェック、テスト、作品の発送に追われました……。そんな時でも、東京の美味しい美味しいごはんを食べまくることが、ホントにプレジャーっす。


東京のスタジオ近くにある日替わり定食屋さん


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。