「大音海の岸辺」第33回後編は11月13日に74歳で亡くなったレオン・ラッセルの関連原稿3本を再録。そして湯浅さんに今回新たに書き下ろしてもらった解説では、音楽をとおして死を考えることはどういうことなのかが書かれています。

『レオン・ラッセル・アンド・ザ・シェルター・ピープル』



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。