アーティストの毛利悠子さんの連載「毛利悠子のプラスチックフォレスト ロンドン編」最終回です。年末年始は京都と滋賀でリフレッシュした後、東京都現代美術館・深川エリアでの新作展示で仕事始めをした毛利さん。個展のため訪れたロンドンでのラウシェンバーグの回顧展は自身の新作を見つめ直す機会となったようです。その後は次の企画のためにフランスへ。一人フレンチもしたり。毛利さんの旅はまだまだ続きます。



白装束で京都の年越しするジュリアとロドリゴ


文・写真=毛利悠子


 ついに最終回になってしまいました。前回が「ニューヨーク日記」、今回が「ロンドン日記」ということでしたが、2016年の最後にインドで劇的な体験をし、お正月を京都と琵琶湖でゆっくり過ごしたりと寄り道をしたあと、1月末からロンドンを再訪しました。今回の目的はWhite Rainbowというコマーシャル・ギャラリーでの個展の準備のためです。

 が、その少し前にお話を巻き戻します。
 今年は人生で初めて、京都で年越しをした。というのも、White Rainbowのディレクターでブラジル出身のジュリアちゃんが親友のロドリゴくんとホリデイで日本に来るというので、京都の宿泊先などを調べていたところ、私自身もがぜん興味が湧いて、ついでに一緒に過ごすことにしたのだ。
 2月8日からはじまるロンドンでの初個展にむけて、お正月にいろいろ作戦を練ろう!と言ってはいたものの、実際に京都で会った時にはおたがい気持ちが盛り上がりきって、あっという間に仕事そっちのけになってしまった。鴨川沿いのお豆腐屋さんで日本酒をいただいたり、裏路地のバーでジントニックやハイボール、ビールを飲んだり。京都名物のドラァグクイーンの紅白歌合戦に遊びにいくころには、私はすっかりデキあがってしまっていた。そこからさらにテキーラを3回ショットしたものだから、この日の記憶はここからまったくなくなった。うっすらと覚えているのは、パラモデルの林さんにコンビニ袋をもってきてもらって、そこに……(後はご想像におまかせします)。まあ、それくらい盛り上がっていたのだった。
 大晦日は、ジャーナリスト・編集者の小崎哲哉さんに吉田屋料理店の年越しパーティーに誘っていただいた。ジュリアとロドリゴは全身真っ白の衣装で現れた。全身白い服を着るのはブラジルの年越しの風習だそうで、かっこいい。たいへん美味しいおせち料理をフライングでつまみながら、FMN Sound Factoryの石橋さん、山本精一さん、高谷史郎さんらとひさしぶりにゆっくりお話ができた。そして、夜中のうちに初詣をしてしまおうということで、下鴨神社でお参りした。京都といえば、1年中どこもかしこも激混みというイメージだったけど、実は年末年始はそんなでもないことに驚く。あの、外なのに満員電車のようなイメージの哲学の道も、穏やかな天気のもと、ゆっくりと過ごすことができた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。