アニメーションフェス「GEORAMA」の企画をはじめ、世界中のアニメーションの評論や上映を精力的に行なっている土居伸彰さんが、その活動の中で出会った作品や作家を紹介しつつ、アニメーションの可能性を探っていきます。今回はGEORAMA東京大会@バウスシアターで行われたある企画にまつわるお話です。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。