今年の4月に山口情報芸術センター=YCAMにシネマ担当として赴任した杉原永純さんの連載「YCAM繁盛記」第二回です。今回はYCAMで7月から始まる展覧会について紹介してもらいつつ、同センターと地元の結びつきや、地方におけるアートの役割について考察されています。ここに書かれていることは、決してYCAMに限った課題ではないはずです。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。