アジアン・カルチュラル・カウンシルの招聘でニューヨークに滞在中の音楽家・蓮沼執太さんが現地での体験を綴る「100%スポンジ録」第2回です。今回は蓮沼さんが出向いたニューヨーク郊外の4つの場所、そこで観たダンス公演やライヴやインスタレーション、展覧会について書いてくれました。


CARAMOORで開催された『In the Garden of Sonic Delights』で観た、Trimpinによる大胆なPiano House。大竹伸朗さんの『MON CHERI: A Self-Portrait as a Scrapped Shed』のマテリアルが超シンプルになっちゃったような作品


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。