アニメーションの評論や上映を精力的に行なっている土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」です。今回はまず、本連載の中でも何度か話題に上がってきた広島国際アニメーションフェスティバル、その空間に漂う「特別感」について。そして、現在東京で個展が開かれている気鋭の映像作家・水尻自子さんの作品をめぐるお話です。

水尻自子『幕』



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。