boid社長・樋口泰人の妄想連載「幻聴繁盛記」第7回です。今回は妄想ではなく現実となった、カナザワ映画祭での『スターシップ・トゥルーパーズ』(ポール・バーホーベン監督)の爆音上映を通して考える、欲望とその実現、世界をいかに変えるかというお話。 『スターシップ・トゥルーパーズ』は本日14日の16時10分からカナザワ映画祭で上映。まだ間に合う方は会場(金沢都ホテル・セミナーホール)にお急ぎください!



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。