文筆家・五所純子さんによるエッセイ「No More Cinema ?」。直筆の原稿を五所さんならではの方法で見せてくれます。今回は「瞼の母」ならぬ「おはぎに母の掌」(仮)から始まる、死刑囚絵画展で展示されていた絵画についてのお話。死に向かいつつある人間の瞼に浮かぶ光景、それもまた人それぞれで――



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。