今日の映画川は、ライターの降矢聡さんが、現在公開中のアメリカ映画『ミリオンダラー・アーム』(クレイグ・ギレスピー監督)について書いてくれました。野球未開の地インドから"100万ドルの腕”を持つ選手を発掘、インド人初のメジャーリーガーを誕生させたスポーツ・エージェントの実話に基づく作品。近年でも野球やスポーツ・エージェントの仕事を題材にした作品はコンスタントに出てきていますが、その中でこの映画はどのような個性を発揮しているのでしょうか。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。