今回の映画川は、現在公開中の『やさしい人』(ギヨーム・ブラック監督)が登場。前作『女っ気なし』(中編)で世界的に注目を集めたギヨーム・ブラック監督の長編第1作について、ライターの鍵和田啓介さんが書いてくれました。映画と悪天候の相性、そして『やさしい人』と通底するところのある2人の映画作家の作品について―




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。