アニメーションの評論や上映活動を国内外で精力的に行なう土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」第21回です。
春の訪れとともにアニメーションのシーズンも到来、これから新たな作品が上映される映画祭や上映イベントが世界各地で続々行われていく予定なのですが、今回は土居さんにとっての旅の季節を前にアニメーションから少し離れた(でもやっぱり無関係でもない)「マンガ」のお話を。日本ではほとんど知られていない、ベルリン在住のアーティスト、オリー・スクラウウェンの作品について紹介してくれます。


オリー・スクラウウェン『アルセーヌ・スクラウウェン Arsène Schrauwen』より



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。