新作『バンコクナイツ』の特殊先遣任務のためタイに潜入した空族による極秘レポート「潜行一千里」。この4月、隊員たちはバンコクを離れて、再びラオスのヴァンヴィエンに足を踏み入れました。ヴァンヴィエンは、本連載第十回でも登場したバックパッカーの聖地であり、かつてはラオス秘密戦争(第八回参照)におけるCIAの秘密基地だった場所でもあります。到着後、宿を探すために目抜き通りを歩いていた隊員たちに声をかけてきたのは――

ヴァンヴィエン〜かつてリマ・サイト6と呼ばれたベースキャンプ跡



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。