アーティストの毛利悠子さんのNY滞在記2回目です。日本語でも困らない生活でありながら通い始めた英会話学校から、大友良英さんが「The Stone」で開いた1週間のライヴに出演したことなど。大友さんに出会って10年の時間の過程で、これまでに展示やライヴに参加してきた毛利さんが感じたこととは。

撮影:Peter Gannushkin


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。