映画批評家の大寺眞輔さんに今回ご紹介いただくのは『ザ・ヴァンパイア~残酷な牙を持つ少女~』(アナ・リリ・アミリプール監督)です。6月20日に「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」でプレミア上映され、9月からの公開も決定したこの作品は、イラン出身の女性監督によるヴァンパイア映画。日本でいち早くこの作品を発見した大寺さんがその魅力を余すところなく教えてくれます。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。