FLTMSTPC=「Fais le toi-même si t'es pas content=満足できないなら自分でやっちゃえ」。批評、映画雑誌の編集、翻訳、そして製作と様々な方法で映画と関わっている松井宏さんが「カイエ・ デュ・シネマ」の記事などを起点に、映画を作る/見せる/観ることについて探っていきます。
本連載の第7回第9回で「カイエ」698号の「学生たちにことばを」という映画教育に関する特集をご紹介しました。今回はその特集の続編ともいえる「高校生にことばを」という特集記事をもとに、現在のフランスの高校における映画の授業や高校生の映画への関心について考えていきます。







この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。