湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく本連載。今回は結成50余年、平均年齢70歳を超えてなお最強のロックバンドであり続ける(現在も全米ツアー真っ最中の)ローリング・ストーンズに関する原稿を2ページに渡ってお送りします。まずは勝新太郎&田村高廣のコンビでおなじみの『兵隊やくざ』を通してストーンズを語るという、湯浅さんにしか書けないであろう原稿からご堪能ください。

ザ・ローリング・ストーンズ『サタニック・マジェスティーズ』




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。