配給会社へのサイバー攻撃で話題となっている映画"The interview”の主演俳優ジェームズ・フランコ。boidマガジンでは彼の映画監督、アーティストとしての活動を紹介した記事 「ジェームズ・フランコ~映画再生プロジェクト」を昨年6月に掲載しました。今日はその記事を書いてくれた映画評論家の川口敦子さんによる、その続編ともいえる原稿をお届けします。 今回取り上げるのは『理由なき反抗』をめぐるフランコの制作活動と、その源となった一冊の本について。キャリアの初期にテレビ映画『DEAN/ディーン』でジェームズ・ディーンを演じ、サル・ミネオ(『理由なき反抗』のプラトー役、37歳で刺殺された)の伝記映画を監督するなど、ジェームズ・フランコに多大な影響を与えた『理由なき反抗』。そのメイキング本と彼の関わりについてご紹介します。

『理由なき反抗』撮影時の(左から)ナタリー・ウッド、ジェームズ・ディーン、ニコラス・レイ




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。