湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、湯浅さんが直筆の原稿で綴る「ねこ日記」です。どうやら近所のボス猫的存在であるマルオが牝猫を求めてあたりをうろついている様子(第16回参照)。家猫の弦もマルオの声が気になるようです。




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。