アーティスト・梅田哲也さんの連載「ほとんど事故」第15回です。霊山の山頂で友人が起こした車の脱輪事故、9月に韓国で参加する展覧会、映画館の暗闇から考えるおばけと映画の本質とは…。それは8/2(日)に本牧の映画館跡地で行うパフォーマンス公演「シネコンに亡霊をよぶ」にもつながるようです。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。