boid社長の樋口泰人が日々の仕事とそのなかで夢想する企画などについて記す「幻聴繁盛記」です。今月の話題は2冊の自伝――邦訳版を出せないニール・ヤングの自伝と、boidから出版してしまうサミュエル・フラーの自伝について。そして、ついに上映作品が決まった9月のフラー特集上映(ぴあフィルムフェスティバル)のこと。

サミュエル・フラー(雑誌「SWITCH」の取材時に編集者が撮影)



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。