アーティス ト梅田哲也さんによる「ほとんど事故 第16回」です。梅田さんがマレーシアでの展示に向かう機内で乗客のたてる音に煩わされたことから書きはじめた本文で、誰かがとった行動とその影響にまつわるさまざまな話が展開されています。聞いていないようで聞いている音と、聞いているようで聞いていない音。漢方薬のお兄さんの鮮やかな手つきや、展示のアシスタント・ニーザとの会話のなかに思うこと。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。