新作『バンコクナイツ』の特殊先遣任務のためタイに潜入した空族による極秘レポート「潜行一千里」。前回、ラオスとイサーンに古くから伝わる音楽 "モーラム”の詠い手であるアンカナーン・クンチャイさんとの面会を果たした隊員たちでしたが、今回はタイ音楽のもうひとりのレジェンド、スラチャイ・ジャンティマトンさんとの会合についての報告が届きました。スラチャイさんは本連載第六回でも登場した、タイにおけるプロテストソング"プアチーウィット”の元祖であるバンド「カラワン」のリーダー/ギタリストです。スラチャイさんと長年親交のあるフォークシンガー・豊田勇造さんの紹介でついにご本人の家を訪問することになったカーツヤとトラツキ。はたしてスラチャイさんはどんな方だったのでしょうか。

スラチャイ氏とカーツヤ、トラツキ




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。