「ファスビンダー、ファスビンダーを語る 第2・3巻」
boidマガジン読者の方1名様にプレゼント



「ファスビンダー、ファスビンダーを語る 第2・3巻」



先月号にて荻野洋一さんに書いていただいた同書の書評を特別掲載中です。ぜひご一読ください。
『ファスビンダー、ファスビンダーを語る第2・3巻』を読む(荻野洋一)

映画監督として新しい段階へ踏み出した70年代から亡くなる直前まで。
その活動のすべてを語る。

死後30年以上経ったいまも、世界中の映画作家や映画ファンたちを魅了し続けるファスビンダー(1945〜82)。演劇時代から初期のキャリアを語った第1巻に続き、映画監督として新しい段階へ踏み出した70年代(第2巻)、念願の巨編『ベルリン・アレクサンダー広場』をはじめ、名作を次々に生み出した最後の3年半(第3巻)。
ファスビンダーがその活動のすべてをありのままに語る、完全版インタビュー集、ここに完結(第2・3 巻合本)

第2巻(1971〜1977)
『四季を売る男』『不安は魂を食いつくす』『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』『フォンターネ・エフィ・ブリースト』『デスペア』ほか

第3巻(1978〜1982)
『マリア・ブラウンの結婚』『リリー・マルレーン』『十三回の新月がある年に』『ベルリン・アレクサンダー広場』ほか

要するに、映画をつくってるぼくの知り合いでぼくが好きな人間は、みんなどこか狂ってるんだよ。彼らにとっちゃ、それがセラピーだっていうことだし、みんな映画つくってないと生きていられない人間なんだと思うね。ぼくだってそうだし、少なくとも何かやってないと駄目なんだ。ものを書くとか、生産的に本を読むとかね。生産性、そこがまさに要点なんだよ。でもぼくには映画をつくるのが一番いい。
・・・・・・ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー(本文より)

A5判/並製本/560ページ/著者:ローベルト・フィッシャー編/明石政紀訳/発行:boid

応募締切は10月14日(水)です。
下記メールアドレスご希望するプレゼント番号(作品名)、お名前、boidマガジン読者ID、ご住所、緊急の連絡先を明記してご応募ください。

bakuons(アットマーク)boid-s.com
※(アットマーク)の部分を「@」に変えて送信してください。

ご応募は読者登録をされている方に限らせていただきます。
また、抽選の結果は発送/通知をもってかえさせていただきます。