boidマガジン

2016年10月号 vol.1

YCAM繁盛記 第27回 (杉原永純)

2016年10月08日 15:00 by boid
山口情報芸術センター=YCAMのシネマ担当・杉原永純さんの連載「YCAM繁盛記」第27回は、YCAMで制作&撮影した『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』(柴田剛監督)の東京初上映(@PFF)の模様と、9月24日から始まった空族+スタジオ石+YCAM バンコクナイツ展『潜行一千里』、そして同展開催初日に行なわれた映画『バンコクナイツ』プレミア爆音上映+「バンコクナイツ・トリビュート・ライブ」について書いてもらいました。映画本編と深く関わりつつも、映画とはまた異なるかたちでタイ~ラオスという土地やそこに暮らす人々の生を体感できるバンコクナイツ展は11月6日(日)までの開催です。みなさん、ぜひ山口へ!


空族+スタジオ石+YCAM バンコクナイツ展『潜行一千里』展示の仕込み最終段階での一枚。
音響の山﨑巌さんの指示でスピーカー位置調整



2016.9.24『バンコクナイツ』デイ


文=杉原永純


 8月末のYCAM爆音の記憶がすでに遠い。爆音終わり次第、バンコクナイツ展『潜行一千里』滞在制作に着手しつつ、空族・富田監督、スタジオ石・向山正洋(MMM)さんと入れ替わりで東京へ。
 9/10(土)にはPFF(ぴあフィルムフェスティバル)オープニング上映として、『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』東京初お披露目立会い。


PFF荒木ディレクター(わざわざYCAMまで『ギ・あいうえおス』を見に来てくれて、即決してくれた)と柴田剛監督、上映前のご挨拶

 9/17(土)の2回目の上映を含め、150人程度見てくれたか。動員は良かったとは言えないが、『ギ・あいうえおス』らしい低空飛行な滑り出し。しかし見終わってからの反応は上々。トークのお相手に山下敦弘監督を指名できて本当に良かった。
 トーク中、山下監督から「だから何?って言ったら負けな不思議な映画」という名言が飛び出した。ひとことで「ギ・あいうえおス」の芯を捉えられた気がする。「UFOを探すおじさんたちのスタンド・バイ・ミー!」「OK」と返してしまったからこそ始まってしまったこの企画。どうでもいいことを真剣にやる、遊ぶ、だからそのことに意味はない、とストレートに受け止めていただいたことはとてもありがたい。本当に無意味なことをやってこうやって映画として完成してしまった。こんなこと、プロデューサーとしてはダメなんだろうけども一周回って感慨深い。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『ロビン西の描き捨てノートマンガ2004-2014』 第22回

2016年10月号 vol.4

ファスビンダーの映画世界、其の三 (明石政紀)

2016年10月号 vol.4

微笑みの裏側 第9回 (Soi48)

2016年10月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.3

9月号第3週は明石政紀さん、Soi48、降矢聡さん、樋口泰人の記事をお届け...

2017年09月号 vol.2

9月号第2週はマルコ・ヴィッツィヒさん、青山真治さん、風元正さん、大寺眞輔...