山口情報芸術センター=YCAMのシネマ担当・杉原永純さんの連載「YCAM繁盛記」第28回です。10月半ばから先週まで、奈良、愛知、名古屋、東京、京都と出張の日々を送った杉原さん。今回は各地で見た舞台や展覧会、映画のこと、そして東京出張時に行なわれた打ち合わせから見えてきた来年のYCAM爆音映画祭の展望について書いてくれました。


空族+スタジオ石+YCAM バンコクナイツ展『潜行一千里』終了しました!終わりはあっさり!



YCAM出張記:奈良→山口→名古屋→東京→山口→東京→京都→山口/
YCAM爆音映画祭2017予告



文・写真=杉原永純


 相変わらずひと月前のことを思い出すのが難しいぐらいに、いろんなことが起きすぎている。このひと月は半分以上山口にいなかった印象。今年度上半期は粛々と、延々とYCAMで仕事をしていた反動で、今月は飛び回ってました。

10/14(金) 奈良日帰り。平城宮跡・維新派『アマハラ』初日に出かける。『ギ・あいうえおス』ラインプロデューサー酒井力さん、映画配給会社トランスフォーマー社長・石毛さんと再会。


維新派は初めて、野外演劇も初体験。夕陽と平城宮の借景は、文句なしにヤバい

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。