boidマガジン

2016年12月号 vol.2

大音海の岸辺 第33回 前編 (湯浅学)

2016年12月17日 19:45 by boid
大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」第33回は、この半年で相次いで亡くなった3人の音楽家にまつわる原稿をお届けします。まず前編では、7月16日に78歳で亡くなったアラン・ヴェガ(スーサイド)と、11月7日に82歳で亡くなったレナード・コーエンに関する原稿計8本を掲載します。


スーサイド『スーサイド』



文=湯浅学


『スーサイド』

 スーサイドのようなバンドをやりたい、という声を78年ごろ俺のまわりでよく聞いた。77年にこのファーストが出たときには、身体の中の虫がぞわぞわと反応してよろこんでいるような内気な爽快感があった。暗いが憂鬱ではない。思いつめているよりも、死を身近に感じられることの軽々しい、たわけた気分に甘美なものを感じたのだ。虚しさを嘆かずに引き受けつつ燃やしていく。リズム・ボックスにエコーの効いた妙な音。『ハーフ・アライヴ』ではライヴと宅録でもっと生々しいスーサイドがわかる。併聴がよろしい。アラン・ヴェガの歌は耳にまとわりついてくる羽毛、あるいは耳ダレの如きものなり。

(『クロスビート』94年11月号)


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『ロビン西の描き捨てノートマンガ2004-2014』 第24回

2016年12月号 vol.4

未来世紀、ホボブラジル 第7回  (松林要樹)

2016年12月号 vol.4

Animation Unrelated 第37回 (土居伸彰)

2016年12月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.3

9月号第3週は明石政紀さん、Soi48、降矢聡さん、樋口泰人の記事をお届け...

2017年09月号 vol.2

9月号第2週はマルコ・ヴィッツィヒさん、青山真治さん、風元正さん、大寺眞輔...