boidマガジン

2017年02月号 vol.3

ファスビンダーの映画世界、其の六 (明石政紀)

2017年02月18日 16:28 by boid

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの著書『映画は頭を解放する』(勁草書房)やインタヴュー集『ファスビンダー、ファスビンダーを語る』(2013年に第1巻、昨年の8月に第2・3巻(合本)発行)の訳者・解説者である明石政紀さんが、ファスビンダーの映画作品について考察していく連載「ファスビンダーの映画世界」。今回からは1969年に製作、1970年に公開された長編第三作『悪の神々』について見ていきます。 前回(其の五)取り上げた長編第一作『愛は死より冷酷』の続編とも言えるギャング映画ですが、"白の映画”であった『愛は死より冷酷』に対してこちらは……



文=明石政紀


ファスビンダーのギャング映画三部作、其の二
『悪の神々 Götter der Pest』(其の一)



「『愛は死より冷酷』、『悪の神々』、『リオ・ダス・モルテス』は(・・・)より的確な自分の描写だと思っています。こうした映画じゃ、どの登場人物もぼくの一部だと言っていいでしょう」[*1]

「フランツは出所し、ヨアナは酒場で歌っている。ふたりはまた一緒になる。だがフランツは長かった刑期のせいで過敏になり、ヨアナを捨てる。彼女が自分を所有しようとしていると感じたからだ。フランツは旧友ギュンターを見つけ、一緒に"悪事”を働こうとする。そんなときフランツはマルガレーテと出会う。ごくふつうの女の子で、彼女はなんの要求も掲げない・・・。
フランツとギュンターは強盗をくわだて、ヨアナがそれを探りだす。ヨアナはフランツと別れるくらいなら彼に死んでもらいたいと考え、関係を持った警官にフランツを射殺してくれるように頼む。マルガレーテも警察に通報する。フランツとギュンターはこのくわだてで死ぬ。ヨアナとマルガレーテは墓の前に立ち、ヨアナは泣きながら"あの人をこんなに愛していた”と言う」(ファスビンダーによる『悪の神々』のあらすじ) [*2]

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.3

7月号第3週はSoi48、川口敦子さん、五所純子さん、樋口泰人の記事でお楽...

2017年07月号 vol.2

7月号第2週は青山真治さん、三宅唱さん、湯浅学さん、樋口泰人の連載最新回を...

2017年07月号 vol.1

7月号第1週は桜井鈴茂さん、風元正さん、大寺眞輔さん、杉原永純さん、樋口泰...