boidマガジン

2017年04月号 vol.4

サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら 第15回 (桜井鈴茂)

2017年04月29日 20:37 by boid
小説家・桜井鈴茂さんのエッセイ連載「サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら」第15回です。2月頃から始まった抑うつ状態(詳細は第14回参照)からなかなか抜け出せない中、都心に引っ越して以来放置していた歯の定期健診を受けることにした桜井さん。初めて訪れたその歯科クリニックは珍しい特徴があって――





文・写真=桜井鈴茂


 春もたけなわ。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

 ぼくは……いや、おれは……かなりマズいことになっている。前回はたしか、ここしばらく抑うつ状態が続いている、春がやってきたというのに晩秋のクソさびれた海岸にへたり込んで棒切れで湿った黒い砂を穿り返しているような気分だ、しかし、藁にもすがる気持ちで入手した他人のリアルな不幸話を読んだことで、ようやく上向きになってきたぜ、サンキュー他人の不幸、みたいなことを書いたはずだけど……やっぱ、ダメだった。ハローアゲイン、ユウウツ。
 というか、この数か月というもの、締め切り仕事に追いつめられて発狂しそうか、何にもやる気がしなくて発狂しそうか、ほとんどあらゆる事象にむしゃくしゃして発狂しそうか……だいだいそのどれかなのだ。まあ、発狂、というのは少々乱暴な、あるいは幼稚な物言いだろうけど、しかし、穏やかな、満たされた、ピースフルな気分でないことだけは、というか、暗く、重く、ささくれ立った気分であることは、確かである。

 本エッセイに書いたかどうかは忘れてしまったが(バックナンバーを読み返せば、すぐにわかるだろうけど、今のおれはそんなことをする気にはとうていなれません、悪しからず)、生活の場を郊外から都心に準ずる地域に移した去年の初夏から、おおよそ初冬くらいにかけては、概してピースフルな……いや、ピースフルは言いすぎだとしても、少なくとも、まあまあな気分で日々を過ごしていたはずなのに、どうしてこんなことになってしまったのか。とくに何があったとかではないはずなのだけど。忙しいこと自体はちっとも悪いことではないし――とりわけ、仕事量がほぼ収入増に直結するおれのような職業の場合は(つーか、デリヘル嬢もタクシー運転手もそうだけどね)。比較的ピースフルな気分というのは、つまるところ、生活環境を変えたことによってもたらされた束の間の、ようするに、旅先とかで経験するような、高揚に過ぎなかったのか。新鮮だったはずの情景はまたしてもくすんだ日常の中へと溶け込んでしまったのか。結局、おれはサバーバンではなくとも、なんらかのブルーズの中に、ずぶずぶと沈み込んでいく運命なのか。そういう気質のしみったれ男なのか。
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

ほとんど事故 第31回 (梅田哲也)

2017年04月号 vol.4

『ロビン西の描き捨てノートマンガ2004-2014』 第28回

2017年04月号 vol.4

『宇宙の柳、たましいの下着』放浪篇 #26 (直枝政広)

2017年04月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

【重要なお知らせ】 boidマガジンは下記URLの新サイトに移転しました。...

2018年11月号

【11月号更新記事】 ・《11/25更新》三宅唱さんのによる「無言日記」第...

2018年10月号

【10月号更新記事】 ・《10/30更新》冨田翔子さん「映画は心意気だと思...