boidマガジン

2017年05月号 vol.1

映画川 『台北ストーリー』 (川口敦子)

2017年05月06日 11:24 by boid
今週の映画川は、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(91)と同じくマーティン・スコセッシが設立したフィルム・ファウンデーションによりデジタル修復され、5月6日(土)から日本初公開される『台北ストーリー』(エドワード・ヤン監督)を取り上げます。1985年にヤン監督の盟友であるホウ・シャオシェンの全面バックアップ(製作・共同脚本・出演)のもと製作された本作では、高度経済成長により急速な変貌を遂げつつあった台北の姿が記録されています。常に台北という都市とそこに生きる人たちを、その歴史とともに見つめ続けたヤン監督がこの長編第2作で映し出したものは何だったのか。川口敦子さんが、かつて監督本人に取材した時の発言を引きながら考察してくれています。





文=川口敦子


 監督エドワード・ヤンには短い時間ながら2度ほど取材する機会に恵まれた。最初はアジア映画の特集上映で『恐怖分子』が紹介された88年6月の来日時。戦後日本の小市民家庭にありがちだった文化をめぐる西高東低な偏見にどっぷり浸かって育ったままの無知(+恥)蒙昧状態で、台湾には畳の日本式な部屋がまだあるんですね――などと涼しい顔で愚問を発し通訳嬢の顰蹙を買ったりもしたのだが、そんな訊き手に対しても監督が絶やさず浮かべていてくれた穏やかな笑顔が今もくっきりと想起される。
 その折の都市をめぐる監督の発言はこの春、デジタル・リマスター版として待望の劇場再公開が実現された『牯嶺街少年殺人事件』を吟味するため改めて反芻してみたのだが、続いてやはり修復されたヤンの長編第二作『台北ストーリー』とまた向き合うと、いっそう噛みしめがいのある言葉として迫ってきたりもする。
「台北は、そして都市は、いつも僕の映画の主題だった。都市のルック、視覚的なものというよりそこにある物語に惹かれている。都市化された環境の中にある興味深いストーリーに。自分の親密な経験がここにあるから」
 物心つく前に両親と共に上海から台北に移り住んだヤンは、進学してエンジニアリングを学んだ後に渡米。81年、34歳で帰国するまで青年期をフロリダ、LA、シアトルと、アメリカ各地で過ごした。そんな背景をふまえてみると、人にも都市にもあくまで距離を保ってキャメラを対峙させる彼の映画『台北ストーリー』の底に、アメリカという"よそ”と台北という"ここ”の狭間で揺れる存在と時代への、意外なほどに濃やかで個人的な想いが居座っていることに胸をつかれる。そのこっくりとした心情をしかし描写の上ではサングラスしたヒロインそのままに覆い隠す映画の肌触りの都市性にもまた打たれずにはいられなくなる。
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

微笑みの裏側 第16回 (Soi48)

2017年05月号 vol.4

『ロビン西の描き捨てノートマンガ2004-2014』 第29回

2017年05月号 vol.4

サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら 第16回 (桜井鈴茂)

2017年05月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

【重要なお知らせ】 boidマガジンは下記URLの新サイトに移転しました。...

2018年11月号

【11月号更新記事】 ・《11/25更新》三宅唱さんのによる「無言日記」第...

2018年10月号

【10月号更新記事】 ・《10/30更新》冨田翔子さん「映画は心意気だと思...