boidマガジン

2017年05月号 vol.4

ほとんど事故 第32回 (梅田哲也)

2017年05月28日 13:24 by boid
梅田哲也さんの連載「ほとんど事故」第32回目です。不定期で、ヒスロムと共に大阪の川をボートで回遊するクルーズ(非公開)を行っているという梅田さん。今回はそのリポートです。長年住み慣れた町の川から大阪湾を経由して、昨年度の公演「7つの船」の現場へと辿る様子を書いてくれています。





文・写真・動画=梅田哲也


部屋をでてから半径1km以内、よくひとり考えごとをしながら淵を歩くこの川は、ときどき人に出くわすようなことがあっても、挨拶をかわしたりはしない。それは僕の歩く時間帯がおもに夜中であること、人に会わないことを前提にして歩いているからで、正面から男が犬の散歩をしながら歩いてきても、彼もきっとおなじような気持ちでここを歩いているだろうという推測でもって、自然とお互いの存在をなかったことにしてしまっている。朝方、夜明けの頃に歩いてみると、散歩だったり、ランニングだったり、早起きの人たちがぽつぽつと登場するのだが、これまたなかなか全員自分の時間に浸っているようで、こちらと目が合う人なんてそもそも存在しないのだ。昼間に歩くことはないので、あまり状況をしらない。でも、もうここいらにかれこれ15年ほど暮らしていて、船をみたことは一度もなかった
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

微笑みの裏側 第16回 (Soi48)

2017年05月号 vol.4

『ロビン西の描き捨てノートマンガ2004-2014』 第29回

2017年05月号 vol.4

サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら 第16回 (桜井鈴茂)

2017年05月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

【重要なお知らせ】 boidマガジンは下記URLの新サイトに移転しました。...

2018年11月号

【11月号更新記事】 ・《11/25更新》三宅唱さんのによる「無言日記」第...

2018年10月号

【10月号更新記事】 ・《10/30更新》冨田翔子さん「映画は心意気だと思...