boidマガジン

2017年07月号 vol.1

サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら 第17回 (桜井鈴茂)

2017年07月04日 03:07 by boid
小説家・桜井鈴茂さんによるエッセイ連載「サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら」。第17回は、歩行者の信号待ちに関する告白がなされた前回(第16回)の記事の掲載後に起こった二つの出来事と、公開中に二度も観に行ってしまったという映画『20センチュリー・ウーマン』(マイク・ミルズ監督)のお話です。





文・写真=桜井鈴茂


 こんにちは。
 まずは、前回、車の往来がまったくないにもかかわらずみんなして信号が変わるのを律儀に待っている光景が気持ち悪くて仕方ない、というようなことを書いたのだけど、その後日談を二つばかり。

 一つ目。大学一年からの腐れ縁……とくべつ、音楽とか映画とか小説とかの好みが合っているわけではないのに(そもそもそいつは小説なんてほとんど読まない、おれのさえ読んでないんじゃないか)、すなわち感じ方や考え方が近いわけではないはずなのに、学籍番号とアパートが近かったというきっかけで付き合いが始まって、ぐずぐずと関係が続いて、そろそろ30年(!)という男と、前回ぶんがアップされた直後に、ひさびさにさしで呑みに行った。で、一軒目の呑み屋から二軒目へと移動中に、おれがいつものごとく信号を無視して(というか、信号の色はほとんど気にせず車の往来がないことだけを確認して)渡りはじめると、やけに自然な、さも当然な様子で付いてきたので「あれ? こういうの平気なんだっけ?」とふってみると、そいつはこう言った。「小学生の頃だと思うけど、なんかのインタビューで西川きよしが『車も来てへんのに赤信号でぼぉーっと待ってるのは、アホのやることや』とかって言ってるのを聞いて、子どもながらに得心したんだよね。そのまま、今に至ってる。うちの娘にもそうやって教えてるよ。時々カミさんには怒られるけど」。そいつとは(繰り返しになるけど)音楽や映画の好みがなかなか共有できず、苛々することもあったし、今でも時々苛々するし、時には口論にさえなるのだが、しかし、やはり、腐れ縁ではなく、なるべくしてなったマブダチなのだ、と腑に落ちた瞬間である。こんなところで、腑に落ちるのもどうかと思うけれど。
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

Animation Unrelated 第43回 山村浩二インタヴュー 前編(土居伸彰)

2017年07月号 vol.4

Animation Unrelated 第43回 山村浩二インタヴュー 後編 (土居伸彰)

2017年07月号 vol.4

ファスビンダーの映画世界、其の十一 (明石政紀)

2017年07月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年02月号

【2月号更新記事】 ・《2/20更新》Soi48「微笑みの裏側」第21回 ...

2018年01月号

【お知らせ】 boidマガジンは今年も引き続き無料で記事を公開していきます...