boidマガジン

2017年07月号 vol.1

Television Freak 第17回 (風元正)

2017年07月07日 19:48 by boid
家では常にテレビつけっぱなしの生活を送る編集者・風元正さんが、ドラマを中心としたさまざまな番組について縦横無尽に論じるTV時評「Television Freak」。今回は『笑点』、『アメトーーク!』、『プレバト!!』といった人気バラエティ番組を通して、この国における「サイレント・マジョリティ」の存在について考えます。

雨上がりで増水している広瀬川



日本の「サイレント・マジョリティ」


文・写真=風元正


 いいものを見た。6月26日、藤井聡太4段の、29連勝がかかった増田康宏4段との対局開始時、部屋の隅でちょこんと正座していた佐々木勇気5段の白皙の貌である。今後、ずっと対戦が続くわけだから、敵愾心を養っても意味は薄い。ただ、目前の「藤井フィーバー」に対し、大きく目を見開いて好奇心全開、何が起こるのか全部確かめておこう、という態度。記者会見まで残り、6日後の自身の対局に向け、「連勝を止める気で臨みます」とコメントして、見事有言実行を果たした。長年の将棋ファンとして14歳の天才棋士の登場は喜ばしいことだが、当然、連勝はいずれ止まる。こちらもタイトル戦の登場が確実視されている22歳の気鋭・佐々木5段がストッパーとなり脚光を浴びたことは、藤井4段の最初の対局相手が引退目前の加藤一二三9段だったのと同じく、天の計らいだろう。
 藤井4段の、神谷広志8段の連勝記録を更新した対局は、53桂という異筋の妙手が出た充実した内容だったし、連勝が止まった対局の、佐々木5段のスピード感溢れる隙のない指し回しもまた見事だった。どちらも私の如きロートルには手が出ない落とし穴満載の戦型で、AIと人間が共棲する新時代の到来を告げる名局だろう。「勝負メシ」などどうでもよろしい。
 2017年7月2日は、都議選で自民党が大敗し、大きな転回点となる1日となった。やっぱり、21世紀は何が起こるか分からない。
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

Animation Unrelated 第43回 山村浩二インタヴュー 前編(土居伸彰)

2017年07月号 vol.4

Animation Unrelated 第43回 山村浩二インタヴュー 後編 (土居伸彰)

2017年07月号 vol.4

ファスビンダーの映画世界、其の十一 (明石政紀)

2017年07月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年06月号

【6月号更新記事】 ・《6/21更新》青山真治さん「宝ヶ池の沈まぬ亀」第2...

2018年05月号

【5月号更新記事】 ・《5/25更新》青山真治さん「宝ヶ池の沈まぬ亀」第2...

2018年04月号

【4月号更新記事】 ・《4/21更新》三宅唱さん「メイキング・オブ・ワール...