「大音海の岸辺」第40回後編も、1991~1995年に執筆された大韓民国の音楽に関する原稿を再録していきます。韓国語ラップで大スターとなったソテジ ワ アイドル、サヌリムの金昌完と並ぶ大韓ロックの最重要人物・申重鉉などに関する原稿を掲載。さらに執筆当時、大韓民国でレコーディング・ディレクターもしていた湯浅さんがその仕事に携わることになった経緯や、その頃の同国の音楽環境について振り返った書き下ろし解説も。

ソテジ ワ アイドル『ソテジ ワ アイドル』



※このページは前編の記事の続きです

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。