今日の映画川は、文筆家の五所純子さんが現在公開中の映画『郊遊<ピクニック>』(ツァイ・ミンリャン監督)について書いてくれました。92年の長編デビュー作『青春神話』から約20年、常に台北という街の今を映し出してきたツァイ・ミンリャン監督が自身の引退作として撮った作品です。東京での上映は終わってしまいましたが、来月以降も各地で公開されるので(首都圏では神奈川のジャック&ベティで12月に上映)、五所さんの文章を読んで興味を持った方は是非ご覧ください。




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。