今回の映画川は現在公開中の日本映画『ベイブルース~25歳と364日~』(高山トモヒロ監督)をご紹介します。「ベイブルース」とはあの野球選手ではなく、1988年~1994年に活動していた漫才コンビの名前。メンバーのあまりに早すぎる死によってわずか7年弱でその活動にピリオドを打った1組のコンビ、2人の漫才師の物語を描くこの作品について、当時、彼らの大ファンだったという渥美喜子さんが書いてくれました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。