boidマガジン

2014年09月号 vol.2

フィリップ・ガレル 2002 Part3

2015年02月04日 06:44 by boid
2002年のフィリップ・ガレル監督のインタヴュー、最後のパートです。ここではガレル監督自身のフィルモグラフィーの変遷について、女性をどのように撮るか、あるいは映画における男女間の弁証法について語られています。7月にboidマガジンで掲載した最新インタヴューの中では、最新作『ジェラシー』からまた新たな時代、より自由に、即興での演出をはじめた「詩的な叙述」の時代が始まったと語っていたガレル監督。その『ジェラシー』は明日27日から渋谷シアター・イメージフォーラムで公開です。ぜひご覧ください。

最新作「ジェラシー」<9/27(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開>

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

潜行一千里 第十一回 (空族)

2014年09月号 vol.2

大音海の岸辺 第6回 前編 (湯浅学)

2014年09月号 vol.2

大音海の岸辺 第6回 後編 (湯浅学)

2014年09月号 vol.2

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年01月号

新年最初の記事は土居伸彰さんと樋口泰人の記事をお届けします。また、今後の発...

2017年09月号 vol.3

9月号第3週は明石政紀さん、Soi48、降矢聡さん、樋口泰人の記事をお届け...