いよいよ明日、初日を迎える最新作『ジェラシー』の公開を記念して、フィリップ・ガレル監督の過去のインタヴューを掲載します。ガレル監督が2002年、『孤高』(74)の日本公開にあわせて来日した時に行われたもので、boid樋口のほか、青山真治監督と、アンスティチュ・フランセで映画プログラム主任を務める坂本安美さんが参加してくれています。全3ページ、たっぷりお楽しみください。

「孤高」

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。