アニメーションの評論や上映活動を国内外で精力的に行なう土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」。今回は"変態アニメーションの巨匠”ブルース・ビックフォードさんが登場! 土居さんが先月、シアトルにある彼の自宅を訪ねた時の模様です。たくさんのアニメーションが生み出されてきたガレージの様子など、本当に貴重な体験を綴ってくれました。そして素晴らしい写真がたくさん撮ってきてもらったので、本ページとは別にギャラリーページを設けました。併せてご覧ください。

シアトル市内にそびえ立つスペース・ニードルは、ビックフォードの住む家からも見える

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。