今回の映画川は、10月25日公開の『トム・アット・ザ・ファーム』(グザヴィエ・ドラン監督)を取り上げます。最新作『Mommy』が今年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞、「若き天才」としてさらに注目を集めているドラン監督の長編第4作について、鍵和田啓介さんがこれまでの彼の作品を踏まえつつ分析してくれます。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。