ニューヨークに滞在中の音楽家・蓮沼執太さんが現地での体験を綴る「100%スポンジ録」連載第5回です。今回は前回に引き続き映画に関する記事になるとお伝えしていましたが、予定を変更して、音楽を作る環境についてのお話をお届けします。ニューヨークでも様々な作品を手掛けていた蓮沼さんが、どのようなアプローチで制作に臨んでいたか。まさしく身をもって体験したことを書いてくれました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。