複数の執筆陣がいま観るべき映画を紹介してくれる映画川。今回取り上げるのは『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、4月日本公開)です。ライターの鍵和田啓介さんが、かつて「バードマン」なるヒーロー役でスターになるも今では落ち目となってしまった俳優(マイケル・キートン)が主人公のこの作品をもとに、人にとって演じることとは何かを考えます。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。