アニメーションの評論や上映活動を国内外で精力的に行なう土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」です。今回の話題は、『リジェクテッド』や『きっと全て大丈夫』などの作品で知られるアニメーション作家、ドン・ハーツフェルトの最新作『明日の世界 World of Tomorrow』について。先月開催されたサンダンス映画祭で短編映画部門グランプリを受賞したこの作品をいち早く観た土居さんが、そこで起きている"進化”について書いてくれました。

ドン・ハーツフェルト『明日の世界 World of Tomorrow』



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。