今週の映画川は、荻野洋一さんが現在公開中の『フォックスキャッチャー』(ベネット・ミラー監督)について書いてくれました。主要キャスト3人(スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ)の名演も話題となっているこの作品は、アメリカの大財閥の御曹司ジョン・E・デュポンと、彼が率いたレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に招聘された五輪メダリストのシュルツ兄弟の間に起こった悲劇を映画化したものです。はたしてこの作品は、アメリカンドリームに潜む暗部をどのように描いているのでしょうか。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。