湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えてお送りしている本連載。今回は1985年に横浜市のタウン誌『浜っ子』に掲載された原稿を再録します。湯浅さんが生まれ育った町にあった映画館「べにざ」への取材記事と、子供の頃の記憶とともに町を歩いた連載「追憶の第二京浜」(全4回)です。執筆時から30年経った今、その積み重なった記憶のレイヤーに皆さんも自分の記憶を重ねながら読んでみてはいかがでしょうか。


1985年当時、六角橋(横浜市神奈川区)にあった映画館べにざ

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。