boidマガジン

2015年05月号 vol.3

大音海の岸辺 第16回 前編 (湯浅学)

2015年06月04日 03:14 by boid
boidが出版を企む大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しているこの連載。第14回第15回では、ブラック・ムーヴィーの歴史を辿った連載記事「ブラック・ムーヴィーの挑戦」を掲載しましたが、今回は湯浅さんがブラック・ムーヴィーに深く傾倒するきっかけともなったメルヴィン・ヴァン・ピーブルズとその息子マリオ・ヴァン・ピーブルズの作品に関する原稿3本をお届け。
まず前編では1993年に『スウィート・スウィートバック』(1971)が日本で初公開されたときに発売になった、同映画の製作ノートとサウンドトラックがセットになったCDブックの解説を掲載します。


『スウィート・スウィートバック』のサウンドトラック盤


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

毛利悠子のプラスチックフォレスト 第3回

2015年05月号 vol.4

潜行一千里 第二十四回 (空族)

2015年05月号 vol.4

『宇宙の柳、たましいの下着』放浪篇 #15 (直枝政広)

2015年05月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.3

9月号第3週は明石政紀さん、Soi48、降矢聡さん、樋口泰人の記事をお届け...

2017年09月号 vol.2

9月号第2週はマルコ・ヴィッツィヒさん、青山真治さん、風元正さん、大寺眞輔...