FLTMSTPC=「Fais le toi-même si t'es pas content=満足できないなら自分でやっちゃえ」。松井宏さんが「カイエ・ デュ・シネマ」の記事などを起点に、映画を作る/見せる/観ることについて探っていく連載です。前回、「カイエ」3月号で「高校生たちにことばを」という特集が組まれたことをご紹介しましたが、今回はその特集における高校生たちの発言――映画に興味を持ったきっかけ、どんな映画の授業を受けているのか、好きな映画は何か、『アデル、ブルーは熱い色』といった話題作や「シャルリ・エブド襲撃事件」についての意見など――を具体的に取り上げていきます。






この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。