アーティスト・梅田哲也さんの連載「ほとんど事故」第14回をお届けします。DODDODOさんの結婚パーティにおける大団円や、まだ楽器を始めたばかりのようなガールズ・バンドの演奏、誰もいないライブハウスのステージ、ウォン・ジクスーさんとの音源制作、それぞれを通して見えてくる、ロックバンドという"偉大な発明”について。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。