今週の映画川は、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス&ジョアン・ルイ・ゲーラ・ダ・マタ監督の短編映画『麻雀』をご紹介します。『麻雀』は今月上旬に両監督の再来日に合わせて日本で初上映された、ポルトガルのチャイナタウンを舞台にした"ネオノワール”映画です。ジョアン・ペドロ・ロドリゲスのレトロスぺクティヴを企画・主催された映画批評家の大寺眞輔さんが、ロドリゲス監督たちのフィルモグラフィーを踏まえたこの作品の見どころを書いてくれました。『麻雀』は7月にも池袋の新文芸坐と京都の同志社大学ハーディーホールで上映されますので、ぜひご覧ください!

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。